WebMoney とは?特徴や導入メリットを解説

WebMoney とは?特徴や導入メリットを解説

WebMoneyとは

WebMoneyとはauフィナンシャルホールティングス株式会社の子会社、auペイメント株式会社が発行するインターネット向けのプリペイド型電子マネーです。WebMoneyはコンビニやドラッグストア、インターネット上で簡単に購入でき、個人情報の登録が不要で匿名性が高く、情報漏洩のリスクが低いのが特徴です。またプリペイドカードを発行することもでき、実店舗で利用できるタイプもあります。

残高は「1POINT=1円」の単位で表示され、残高分は特定のサイトやサービスなど様々なオンライン決済に使用できます。一度購入したWebMoneyは基本的に有効期限はなく、自分のペースで利用することが可能です。

※キャンペーンなどで得たPOINTは一部期日が設けられていることがあります。

WebMoneyの仕組みと特徴

WebMoneyは16桁の英数字を発行し、その英数字に通貨価値を持たせ決済を行う仕組みです。iOSやAndroid用のアプリをインストールすることで、プリペイド番号の残高確認や残高引継ぎ、WebMoney Cardへのチャージ、Apple Payでの決済や直営サイトでのゲーム、ショッピングなどを利用できます。公式サイトでも残高確認はできますが、アプリをインストールした方が利便性が高くおすすめです。

WebMoneyの種類

WebMoneyは、チャージして繰り返し利用できるタイプや実店舗で利用できるカードタイプ、利用可能な加盟店が限定されているタイプなど様々な種類があります。種類が豊富なため、用途や目的に合ったタイプを導入する必要があります。

シートタイプ

シートタイプはコンビニ内に設置してある『マルチメディア端末』で発行するタイプで、チケットやバウチャーとも呼ばれます。シートの所定の位置に16桁の英数字が記載されており、1,000円、もしくは2,000円から購入でき、3,000円、5,000円、10,000円と購入金額が決まっています。プリペイド番号は使い切りタイプで、0POINTになるまで何度も利用できます。

■シートタイプの販売店
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、 ミニストップ、セイコーマート、ハマナスクラブ

WebMoneyギフト

WebMoneyギフトはAmazonギフトやGoogle Playカードのように、コンビニなどの店頭でカードが販売されています。ギフトカードには自由に購入金額が指定できる『バリアブルタイプ』と、金額が固定されている『金額固定タイプ』の2種類があります。バリアブルタイプは1,500円から10,000円の間で自由に金額が指定できます。

■WebMoneyギフトの販売店
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、 ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマート、ハマナスクラブ、ポプラグループ、NEWDAYS、ツルハグループ、ゲオ、ウエルシアグループ、マツモトキヨシ、快活CLUB、イトーヨーカドー、サツドラ、 平和堂、アニメイト、サンエー、関西スーパー、PCデポ、HMV、TSUKUMO

WebMoneyプリペイドカード

WebMoneyプリペイドカードは、1枚のカードを何度でも利用するチャージ式プリペイドカードです。クレジットカードの国際ブランドであるMastercardが付帯しているため、チャージ残高分をMastercardに加盟している実店舗で利用できます。ポイントは有効期限があり、更新せずにいると失効してしまいます。

WebMoneyプリペイドカードの種類

・WebMoneyプリペイドカード
受け取りに本人確認が必要でカードの更新が可能です。申し込みには年齢制限はありませんが、未成年は親権者の同意が必要です。

・WebMoneyプリペイドカードLite
受け取りに本人確認が不要で、Mastercardとしての利用金額は月10万円と上限があります。申し込みに年齢制限がなく、誰でも利用することができます

■WebMoneyプリペイドカードのチャージ可能なショップ
ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100、セブン銀行、auショップ、自遊空間

■利用可能なクレジットカード
Mastercard、アメリカンエキスプレス、クレディセゾンVISA・JCB、UC発行のVISA、au PAY カード、トヨタファイナンス発行のクレジットカード、エポスカード、三菱UFJニコス発行のMUFGカード、DCカード、NICOSカードのVISA、楽天カード、ビューカード

au PAY プリペイドカード

au PAY プリペイドカードは、買い物をする度に200円ごと1Pontaポイントを溜めることができ、溜まったポイントはMastercard加盟店、WebMoney加盟店で利用ができます。Pontaポイントは携帯電話のキャリアがauの方に限り、携帯電話の利用料金や機種変更の代金に充当することが可能です。

■WebMoneyプリペイドカードのチャージ可能なショップ
ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100、セブン銀行、auショップ、自遊空間、auじぶん銀行、au PAY

■利用可能なクレジットカード
au PAY カード、Mastercard、VISA、au PAY カード、セゾンカード、UCカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、TS CUBICカード、エポスカード、楽天カード、ビューカード、JCB、楽天カード、ビューカード、アメリカン・エキスプレス

特定加盟店専用タイプ

特定加盟店専用タイプは、利用可能なサイトを限定しているWebMoneyです。TSUTAYAオンラインゲーム専用やCrsyta専用など、ゲームコンテンツや音楽配信サイトで利用できるものが中心です。Steamプリペイドカードを除き、全てシートタイプのプリペイドカードです。

■特定加盟店専用タイプの種類 ※一部
funcash WM(ハンゲ)、Crysta専用WebMoney(スクウェア・エニックス)、WebMoney for mora(more)

■特定加盟店専用タイプの販売店 ※一部
funcash…セブンイレブン、ローソン、ファミリマート、ミニストップ
Crysta…セブンイレブン、ローソン、ファミリマート、ミニストップ
more…ファミリーマート
シートタイプ WebMoneyギフトカード WebMoneyプリペイドカード au PAYプリペイドカード 特定加盟店専用タイプ
使い切りタイプ
チャージ可
オンライン
チャージ
コンビニ購入可
オンライン
使用可
実店舗使用可
ポイント
期限あり
ポイント
期限なし

WebMoneyエンドユーザーのメリット

決済がスムーズに完了する
WebMoneyはサインのみで支払いができるため、バーコードを読み込んだり暗証番号を入力したりといった手間が発生しません。実店舗での決済をスピーディーに行うことが可能です。
オンラインショップではプリペイドの番号を入力だけで支払いができるため、カード情報の入力が不要です。さらに2回目以降の決済では、WebMoneyクイック決済モードの使用でプリペイド番号の入力も省略することができます。
誰でも簡単に購入でき、利用時に個人情報の入力が不要
WebMoneyは全国のコンビニやインターネットで購入することができ、クレジットカードを持つことができない若年層であっても年齢制限の制約なく簡単に購入することができます。
また、チャージする際もクレジットカードと異なり、個人情報の入力が不要のため情報漏洩リスクを避けることができます。
チャージ方式で支払い管理がしやすい
実店舗でも利用可能な『WebMoney Card』は再チャージが可能なプリペイドカードで、チャージした金額の残高は公式サイトやIOS、Androidアプリをインストールすることで確認できます。あらかじめチャージした金額分のみ利用可能なため、使いすぎを防止にも効果的です。

WebMoney 導入のメリット

売上拡大が見込める

年間決済額2,000億円を超えるWebMoneyは利用者の幅が広く、プリペイド型の決済手法のためクレジットカードを持たない層もカバーしています。
クレジットカードを持つことができない層や、オンラインショップにカード情報の入力に抵抗がある方でも気軽に使うことができることから、利用者の幅を広げ売上の拡大が期待できます。

レジ業務の負担とミスの軽減

WebMoneyは事前にチャージを行うプリペイド式のため、現金の受け渡しを行う手間がなくお釣りの金額間違いなどミスの軽減にも効果的です。また、WebMoneyによる売上は管理画面から確認することができるため、現金過不足によるトラブルのリスクも軽減できます。

未収リスクの削減

WebMoneyをはじめとしたプリペイド式の電子マネーは、売上未回収のリスクが低いという大きなメリットがあります。クレジットカード決済など後払い式の決済手段では、銀行の残高状況によっては回収が難しいケースもあります。その点、購入が終わっている状態で決済を行うプリペイド式の電子マネー決済は、未回収リスクが極めて低くなります。

WebMoney 導入の注意点

導入までに期間を要する

WebMoneyを導入する際、注意点が2つあります。 1点目は導入までに期間を要する点です。基本的にWebMoneyの導入にかかる期間は1か月半程必要です。すぐにでも利用を開始したいという場合でも導入を早めることは困難です。必要になる時期が決まっているのであれば、早めに申し込みをすることをおすすめします。

高額決済には利用しにくい

2点目は高額決済には利用しにくい傾向にあることです。実店舗でもオンラインショップでも高額商品やサービスの決済にはクレジットカードを用いられることが多く、販売する商品の金額によっては他の決済手法も導入しておく必要があります。

WebMoney 利用方法

オンライン決済で使用する場合

ショッピングサイトやコンテンツ販売サイトで決済を行う際に支払い画面で『WebMoney』を選択して16桁のプリペイド番号を入力すれば決済が完了します。 オンラインで使用できるWebMoneyはシートタイプ、ギフトカード、特定加盟店専用タイプが使え、プリペイドカードタイプはオンラインと実店舗の両方に対応しています。

店舗の決済で使用する場合

WebMoneyは以前はオンライン専用の電子マネーでしたが、ユーザーの要望に応える形で実店舗でも利用可能な『WebMoneyプリペイドカード』をリリースしました。 プリペイド式でチャージすることで何度も利用することができ、クレジットカードブランドのMastercardとしての機能も備えているため、Mastercardが使える店舗であればどこでも利用可能です。 決済時に発行されるレシートにサインするだけで利用でき、スピーディーに支払いができます。

WebMoney 導入方法

WebMoneyを店舗に導入するには、直接auペイメント株式会社と契約を交わす方法と、決済代行会社を経由して導入する方法の2通りがあります。
直接契約する場合には申込みから導入まで全て自身で対応する必要がありますが、決済代行会社を利用すれば、面倒な審査手続きなどを行う必要がなくなり、手間を省くことができます。特にその他の決済サービスの導入も同時に考えているようであれば、全て一括で導入することができる決済代行会社ががおすすめです。

アナザーレーンが選ばれる理由

アナザーレーンではWebMoneyの他にBitCash、G-MONEY、セキュリティマネーといったオンライン電子マネーを取り扱っています。WebMoney以外の電子マネー決済を導入する際に、アナザーレーンを利用すれば審査から導入まで面倒なく一括で行うことができます。
また、全ての電子マネーの売上を専用の管理画面でリアルタイムで確認することができるため、導入後の管理も効率的に行えます。

その他導入可能なオンライン電子マネー決済

BitCash

オンライン上で利用できる「プリペイド型の電子マネー」
BitCashは、インターネット、コンビニエンスストア、携帯電話、郵便局ATMなど、様々な方法で購入でき、ユーザー様にとって利便性の高い電子マネーです。
>WebMoneyについて詳しくはこちら

G-MONEY

電話機固有の電話番号が認証番号になる電子マネー
G-MONEYは、電話機固有の電話番号で認証する電子マネーです。画面に表示された認証用電話番号に電話するだけで、瞬時に決済が完了します。面倒なIDなどの入力は必要ありません。
>G-MONEYについて詳しくはこちら

セキュリティーマネー

「16桁のPIN発行・認証方式」を採用した電子マネー
セキュリティーマネーは、16桁のPIN発行・認証方式を採用した「プリペイド型の電子マネー」です。パソコンだけでなく、携帯電話からでも利用でき、全国のコンビニエンスストアやインターネットで購入することができます。
>セキュリティーマネーについて詳しくはこちら

WebMoney 導入の流れ

  1. STEP:1
    アナザーレーンへお問い合わせ
  2. STEP:2
    必要書類のご提出
    ※必要書類についてはこちらをご参照ください 
    >審査に必要な書類
  3. STEP:3
    加盟店審査
  4. STEP:4
    端末設定
    ※端末が必要な方のみ
  5. STEP:5
    お届け・サービス開始
お問い合わせ 資料請求