不動産

不動産

不動産もクレジット決済必須の時代へ

賃貸物件を借りる際、敷金・礼金など初期費用がネックとなるケースがあります。クレジットカード決済を導入することにより、入居希望者は現状の所持金を足りない場合でも、契約を結ぶことができるため、機会損失を防ぐことができます。
また、敷金・礼金や毎月発生する家賃をクレジットカードで支払うことで、マイルやポイントが貯められるなどエンドユーザーにとっても大きなメリットがあります。クレジットカード決済を希望するエンドユーザーは、これからも増加すると言われており、不動産会社にとって、クレジットカード決済の導入は必須事項になりつつあります。

不動産向け決済サービスの特徴

契約機会損失削減

賃貸物件を希望している方にとって、敷金礼金や仲介手数料などの初期費用がネックとなるケースがあります。 クレジットカード決済に対応していないだけで、別の不動産屋に変更されてしまう場合もあります。 クレジットカード決済に対応することで、新規顧客獲得の機会損失を抑制する効果が期待できます。

入居費用の分割・リボ払いで売上UP

クレジットカード決済を導入することで、初期費用の分割決済や、リボ払いに対応できるようになります。 分割・リボ払いが可能になることで、少々高い物件でも契約可能となり売上げが上がる傾向があります。

ネット経由でも決済可能

不動産の契約は、基本的に店舗窓口で直接行うケースが多いかと思います。 しかし、入居時の支払いや退去時の清算時に、店舗まで行くことが難しい、という場合もあります。 当社のメールクレジット決済を利用することで、エンドユーザーの都合が良い時間と場所で支払いができるようになります。

このような事業者におすすめ

  • 不動産仲介
    不動産仲介
  • 不動産経営
    不動産経営

不動産におすすめの決済サービス

お問い合わせ 資料請求