不動産

不動産

不動産もクレジット決済必須の時代です

賃貸物件を借りるときに、敷金・礼金などの初期費用がネックのひとつになるケースがあります。クレジット決済を導入することで、入居希望者は所持金を気にすることなく、契約を結ぶことができるので、不動産業者様は機会損失を防ぐことができます。
また、敷金・礼金や毎月かかる家賃をクレジットで支払うことでマイルやポイントが貯まります。クレジット決済を希望する方はこれからも増えてくると言われているので、不動産会社にとってクレジット決済は導入必須になりつつあります。

クレジットカード決済を導入するメリット

契約機会損失削減
賃貸物件を希望している方は、敷金礼金がネックとなるケースがあります。 場合によってはクレジット決済ができないだけで候補から外れてしまうことがあります。 クレジット決済の導入は新規顧客獲得の機会損失を抑制する効果があります。
入居費用の分割・リボ払いで売上UP
クレジット決済を導入すると、単に後払いができるようになるだけではなく、初期費用の分割決済や、リボ払いもできるようになります。 分割・リボ払いが可能になると、少々高い物件でも契約が可能となるため売上げが上がる傾向があります。
ネット経由でも決済可能
不動産の契約は基本的に店舗窓口で直接というケースが多いかと思います。 しかし、場合によっては入居時の支払いや退去時の清算など店舗まで行くことが難しいケースもあります。 弊社のメールクレジット決済をご利用いただくと、お客様の都合の良い時間と場所でお支払いいただけるようになります。

不動産におすすめの決済サービス

据置型CAT端末
ポータブルCAT端末
メールクレジット決済
お問い合わせ 資料請求