病院・クリニック

病院・クリニック

病院・クリニックに最適な決済サービス

日常的に通院している場合、支払い金額が極端に変動することはないと思いますが、事故や急病などにより高額な医療費を支払わなければならなくなってしまった、という事態が発生するかもしれません。
そのようなケースでも、クレジットカード決済を利用できれば、治療費の未収リスクを低減することが可能です。また、クレジットカード決済に対応することは、患者様の利便性向上にも繋がるという側面もあります。

病院・クリニック向け決済サービスの特徴

他機関との差別化

2019年に厚生労働省が行ったクレジットカード決済やデビットカード決済の導入状況の調査では、病床数20床以上の病院のうち、49.0%の病院でクレジットカード決済が導入されている結果となりました。しかし2022年現在においても尚、現金払いが主流となり、他業界と比較すると医療機関はキャッシュレス化が遅れているのが実状です。 消費者庁が2018年6月に発表したアンケートでも、「現金払いしか利用できずに困った店舗、場面がある」のトップに「病院・診療所」が挙げられています。キャッシュレスに対応した病院・クリニックを消費者が求めていることから、他機関との差別化を図ることで、多くの顧客獲得へと繋がります。
参照元:>三菱UFJニコス「mycard」  >三菱UFJリサーチ&コンサルティング

支払い待ち時間の軽減

クレジットカード決済を導入することで、会計時の金銭のやりとりの煩わしさを軽減できます。また、金額の確認やお釣りの準備が不要なことから会計業務を速やかに終えることができ、患者の待ち時間削減や業務効率化にも繋がります。 ストレスを感じやすい診療後の待ち時間を短縮することで、より多くの患者の通院も叶えられます。

訪日外国人の未回収リスクを防ぐ

訪日外国人が増える一方、日本の健康保険に加入していない訪日外国人が殆どであることから、日本の病院における外国人の治療費用が高くなる傾向があります。滞在中に予期せぬ事故や怪我で治療を受けたものの、所持金で支払いが難しく、その後未払いのまま音信不通になってしまうケースも考えられます。クレジットカード決済を導入することで、病院・クリニックの未回収リスクを防ぎます。

このような事業者におすすめ

  • 総合病院
    総合病院
  • 特定機能病院
    特定機能病院
  • 地域医療支援病院
    地域医療支援病院
  • 医院・クリニック
    医院・クリニック
  • 助産所
    助産所
  • 調剤薬局
    調剤薬局

病院・クリニックにおすすめの決済サービス

お問い合わせ 資料請求