イベント・展示会

イベント・展示会

イベント・展示会でのクレジットカード決済

イベントや展示会での物販にクレジットカード決済を対応したい、という方も多いのではないでしょうか。しかし導入までに時間がかかる、会場にネット環境がない、数日しか利用しないのに高額な決済端末を購入しなければらない、など導入までに様々な問題がある場合も少なくありません。アナザーレーンでは、最短3営業日でクレジットカード決済を導入可能です。さらに1日だけのイベントに対応できるレンタルプランを提供しています。

イベント・展示会向け決済サービスの特徴

申し込みから3営業日で導入できるスピードプラン

通常、クレジットカード決済を導入するには申し込み後、1ヶ月程度時間がかかります。アナザーレーンでは、独自の審査基準と運用体制で3営業日で導入できるスピードプランを提供しています。イベント開催日まで時間がない状況でも導入が可能です。

4G回線でどこでも利用可能

イベントや展示会には、持ち運びが可能なポータブルCAT端末を提供しています。アナザーレーンのポータブルCAT端末は、有線LAN、Wi-Fi接続に加え、4G回線でも決済可能です。

利用日数に合わせて選べるプラン

1日だけの利用や年間数回の利用など、利用日数や用途に合わせたCAT端末のレンタルプランを提供しています。利用する日数に応じて金額が発生するので、無駄なコストを掛けずにクレジットカード決済を導入することができます。

イベント・展示会に決済サービスを導入するメリット

感染症対策になる

電通が2022年1月に実施した調査データによると、生活者の56.8%が「2020年3月の緊急事態宣言以降、支払いや買い物に占めるキャッシュレス決済の比率が増えた」と回答しており、2020年12月の調査から9.1ポイントアップしています。この結果から、新型コロナウィルスなどの感染症対策のために現金の使用を避け、キャッシュレス決済を利用している人が多いことが伺えます。人との接触を最小限に抑えることができるキャッシュレス決済は、感染症対策としても有効と言えます。
参照元:2022年1月 株式会社電通「コロナ禍における生活者のキャッシュレス意識調査(PDF)」より

機会損失を防ぐことができる

イベント会場のチケット売り場や物販スペースにおいて、予想以上に人が集まりレジ前が混雑してしまった、ということはよくあることです。長い待ち時間により買い物を諦めてしまう人が発生したり、早く対応しなければ、というプレッシャーによるオペレーションミスにも繋がります。 クレジットカード決済を導入することで、レジ前の混雑の緩和やオペレーションミスの減少が期待できます。また、イベント会場などには現金を下ろせるATMがないことも多いため、クレジットカード決済に対応することで購買促進や購入単価アップも期待できます。

売上管理が効率的になる

イベント会場など多くの人が集まる場所で現金を扱う際、金庫などを準備しセキュリティ対策を行う必要があります。また、釣銭が不足しないように常に注意していなければならず、そのための手間が発生してしまいます。 キャッシュレス決済を導入することで現金管理や釣銭準備のために発生する手間を軽減させることができ、販売活動に多く時間を掛けられるようになります。また、クレジットカード決済の売り上げは管理画面からチェックすることができるため、効率的に売上金の管理を行うことができます。

このような事業者におすすめ

  • イベント運営
    イベント運営
  • イベント出展
    イベント出展
  • チケット販売
    チケット販売
  • グッズ販売
    グッズ販売

イベント・展示会におすすめの決済サービス

イベント・展示会の導入事例を見る

レイコップ・ジャパン株式会社 様
矢印

レイコップ・ジャパン株式会社 様

イベント物販
お問い合わせ 資料請求