企業間取引(BtoB)

企業間取引(BtoB)

企業間取引(BtoB)での利用

BtoB事業での主な決済手法は、都度支払いを行う請求書支払いや掛け売りとなります。なかでも請求書支払いは、後日まとめて代金を支払えることや商取引がスムーズになるなど、買い手側と企業側の双方にメリットのある決済方法と言えます。しかし昨今では、「未回収リスクの軽減」や「与信確認の不要」、「業務の効率化」といったメリットからクレジットカード決済を導入する企業が増加しています。

企業間取引(BtoB)向け決済サービスの特徴

未回収リスクの軽減

クレジット決済を導入することにより、未回収リスクの軽減に繋がります。クレジットカード決済では、口座の残高不足での引き落としの失敗や、銀行振込のような相手側の振込みの手間がなく、クレジットカードが有効である限りは未収金がありません。また、万が一、商品発送やサービス提供の後に相手企業が倒産するトラブルが発生した場合でも、クレジットカードで事前に決済が完了していれば、未回収となるリスクを軽減することができます。

与信確認が不要

新規企業との取引が開始される際には、トラブルを回避するために相手企業の支払能力の有無を調査する「与信」が必要です。しかしクレジットカード決済の場合は、カード会社が与信を行いカード利用枠を相手企業へ与えているため、自社で与信確認を行う手間を省くことができます。

業務負担の軽減

請求書支払いでは取引先によって銀行振り込みのタイミングが異なるため、入金と請求のデータを都度確認する必要があります。しかしクレジットカード決済の場合、カード会社から一括入金となるため、入金確認が簡略化され経理担当者の業務負担の軽減にも繋がります。

このような事業者におすすめ

  • ネット通販
  • 卸業者
  • 制作会社
  • 歯科技工士

企業間取引(BtoB)におすすめの決済サービス

お問い合わせ 資料請求