オンライン(Web)決済とは?種類やメリットを解説

オンライン(Web)決済とは?

オンライン(Web)決済とは、商品やサービスの支払いをインターネット上で行う決済方法です。オンライン(Web)決済は、EC・通販サイトや会員制のオンラインスクールなど、様々な業種で利用されています。動画や音楽といったデジタルコンテンツを提供するサイトのほか、オンライン上で予約が可能な美容サロンや宿泊施設における事前決済としても活用されています。オンライン(Web)決済の主なサービスは「クレジットカード決済」が挙げられますが、「銀行振込」や「オンライン電子マネー決済」、「コンビニ決済」など多岐に渡ります。顧客ニーズに適した決済方法を選択することが大切です。

オンライン(Web)決済の種類

クレジットカード決済

オンライン(Web)決済の代表的なサービスとして挙げられるのが、クレジットカード決済です。クレジットカード決済は、店舗での決済とインターネット上でのオンライン(Web)決済、どちらにも利用されている決済方法です。動画販売サイトなどの会員制サイトの場合は、一度のダウンロードごとに課金する「都度課金」以外にも、一定額を継続的に課金する「サブスクリプション決済(継続課金)」を利用することができます。エンドユーザーの手間を軽減し、リピート率アップが期待できます。

  • リンク方式

    リンク方式とは画面遷移方式とも呼ばれ、通販サイトから支払い時に決済代行会社のシステムへリンクさせる決済方法です。リンク方式は最もメジャーなオンライン(Web)決済のひとつであり、決済代行会社の「支払い画面」を利用するため、複雑な作業がなくシンプルで簡単に導入することができます。しかし、リンク方式で利用する「支払い画面」は通販サイトのドメインではなく、決済代行会社のドメインになってしまいます。そのため、エンドユーザー側には違和感を与えてしまう可能性があり、購入離脱につながってしまうという懸念もあります。

  • ウィジェット方式

    ウィジェット方式とは、通販サイトのショッピングカートから「支払い画面」に遷移する際、別ページではなく元のページにポップアップで「支払い画面」を表示させる方式です。リンク方式と比較しドメイン名が変わらないため、エンドユーザーは安心して決済を実行することができます。一方で、リンク方式よりも導入作業が複雑になるため、実装には専門知識が必要になります。

  • トークン方式

    トークン方式とは、エンドユーザーが入力するクレジットカード情報を専用のJavaSprictで変換し、別の文字列(トークン)に置き換える決済方式です。販売サイトのサーバーに、クレジットカード情報を経由させることなく決済が行えるため、情報漏洩リスクを軽減することができます。また、決済にかかる工程全てを販売サイト内で完結できるため、リンク方式やウィジェット方式と比較しエンドユーザーに安心感を与え、離脱率を軽減させる効果を期待できます。

銀行振込

銀行振込とは、エンドユーザーが商品やサービスを購入する際に銀行の窓口やATMから代金を支払う決済方法です。近年ではネットバンキングも普及しているため、窓口まで出向く必要もなくオンライン上で振込をすることもできます。銀行振込はクレジットカードを保有していない若年層のユーザー獲得にも効果的です。

オンライン電子マネー

オンライン電子マネーとは、ECサイトや動画販売サイトなどのオンライン上で利用されるプリペイド型の決済サービスです。コンビニやネットバンキングを通じてあらかじめチャージした電子マネーをオンライン(Web)決済に利用できます。代表的なオンライン電子マネーとして、BitCashやWebMoney、セキュリティーマネーなどが挙げられます。銀行口座やクレジットカードと連携し簡単にチャージすることができるため、幅広い年齢層のユーザーを獲得でき、今後もさらなる普及が見込まれます。

Pay-easy(ペイジー)決済

Pay-easy(ペイジー)決済とは、日本マルチペイメントネットワークが提供する決済サービスです。金融機関ATM やPC・スマホのネットバンキングから、24時間365日支払いが可能であり、金融機関の窓口に並ぶ必要はありません。ATMで決済を行う場合は、「収納期間番号」、「お支払い番号」、「お客様番号」を入力して決済を行います。ネットバンキングの場合は、契約している金融機関サイトにログインすることで決済を行うことができます。クレジットカードを持たない若年層やシニア層でも利用できるため、幅広い層の決済ニーズに応えることができ売上アップにも貢献します。

キャリア決済

キャリア決済とは、携帯電話キャリアのIDとパスワードを利用した決済方法です。エンドユーザーは、ソフトバンク、au、docomoなど各社の携帯電話料金と合算で料金を支払うことができます。決済時に暗証番号を入力するだけで簡単に支払いを完了することができるため、事業者とエンドユーザーの両者にとって利用しやすい決済サービスです。

コンビニ決済

コンビニ決済とは、通販サイトで購入した代金をコンビニエンスストアで支払う決済方法です。コンビニ決済はクレジットカード決済に次いで需要が高い決済サービスであり、全国57,000店舗以上のコンビニエンスストアで利用することができます。ペーパーレス決済のため、払込票をなくしてしまったというトラブルの心配もない便利な決済方法です。

参照元:都道府県別統計とランキングで見る県民性
参照元:経済産業省の調査結果(PDF)

アナザーレーンのオンライン(Web)決済

オンライン(Web)決済を導入するメリット

クレジットカード決済による支払いの簡略化

クレジットカードによるオンライン(Web)決済を導入することで支払いが簡略化され、場所や時間に関係なく商品やサービスを購入することができるようになります。一度クレジットカード情報を登録すれば、次回の購入から入力が不要になるためショッピングカートからの購入離脱を防ぐ効果も期待できます。銀行振込や代引きと比較し支払いの際の手間も掛からないため、顧客満足度を高め売上アップに繋がります。

海外の利用者からのニーズに対応可能

近年、中国をはじめとしたアジア諸国から日本の商品を購入するインバウンド需要が高まっています。日本へ観光する際に店頭で商品を購入するだけではなく、インターネットを通じて日本国内から海外に向けて商品を販売する越境ECも多く利用されています。越境ECは実店舗を海外に展開するよりもはるかに簡単で手間なく出店できることから、急成長している市場のひとつです。日本国内では競合他社が多い商品でも、海外市場においてはライバルが少なく、大きな需要がある場合もあります。特に、アジア諸国などでは日本以上にキャッシュレス化が進んでいるため、海外からの利用のニーズに答えるためにはオンライン(Web)決済を導入しておく必要があります。

オンライン(Web)決済の導入方法

直接契約

直接契約は、各カード会社や各決済サービス提供会社と直接契約する方法です。決済代行会社を通さずに契約するため手数料を最小限に抑えることができ、各種決済サービスを低コストで導入することが可能です。その一方で、導入する全ての決済サービス提供会社に対し、申し込み手続きや導入後の運用管理を行う必要があります。さらに各サービスごとに入金サイクルが異なるため、入金管理や売上管理に手間が掛かり、時間的コストや人的コストが増大するリスクがあります。

決済代行会社を通した契約

決済代行会社と契約をすることで、その決済代行会社が取り扱っている決済サービスに一括で申し込みすることが可能です。各決済サービス提供会社と直接やり取りする必要がないため、申し込みから導入までに発生する面倒な作業を省略し、オンライン(Web)決済を導入することが可能です。売上金の入金も決済代行会社から一括で行われるため、入金管理に手間が掛かかることもありません。また、導入後もトラブル時は決済代行会社が窓口となるため、安心してオンライン(Web)決済を利用することができます。

決済代行会社を利用しない場合・利用した場合

決済代行会社を利用しない場合・利用した場合

オンライン(Web)決済導入に決済代行会社を利用するメリット

様々なオンライン(Web)決済を一括導入可能

オンライン(Web)決済導入に決済代行会社を利用するメリットとして、様々なサービスを一括導入できることが挙げられます。オンライン(Web)決済には、クレジットカード決済のほか、オンライン電子マネー決済や銀行振込、コンビニ決済など様々な種類があります。クレジットカード決済のみの対応では、未成年や高齢者などクレジットカードを持たないエンドユーザーを逃してしまう可能性があります。エンドユーザーのニーズに合わせた決済サービスを用意することが、売り上げアップのためにも重要です。一方で、顧客のニーズに合わせて様々な決済方法を導入することは時間と手間が掛かってしまいます。決済代行会社を利用することで、複数の決済サービスを効率よく一括導入することができます。

複数の決済サービスの売上を一元管理可能

決済代行会社を利用することで、各決済サービスの売り上げを一元管理できるというメリットがあります。決済代行会社を利用しない場合は各カードブランドごとに契約を結ぶ必要がありますが、売上の入金日が異なることで管理が煩雑になり、売上管理に手間と時間が掛かってしまいます。一方、決済代行会社を利用すれば複数のカードブランドの決済を同一の入金日にまとめることができ、売り上げを一元管理できるようになります。さらにはクレジットカード決済だけではなく、コンビニ決済やPay-easy(ペイジー)決済など、異なる決済サービスも管理画面上で一元管理ができるようになります。

アナザーレーンが選ばれる理由

20年と40,000社以上の導入実績

アナザーレーンは2002年に設立して以降、EC・通販サイトや会員制オンラインスクール、動画配信・音楽配信サービスなど様々な業態の事業者に対し、40,000件以上のクレジットカード決済の導入をサポートしてきました。これまでに培った実績や独自のノウハウから、最適なオンライン(Web)決済をご提案します。

即時審査・最短2営業日のスピード導入が可能

クレジットカード決済の利用には審査が必要ですが、アナザーレーンでは即時審査が可能なため、最短2営業日でのスピード導入が可能です。オンライン(Web)決済の申し込みから2営業日後にはID・PASSを発行し、決済サービスを利用することが可能です。クレジットカード決済に対応していないことで発生する機会損失を最小限に抑えることができます。

万全のセキュリティ対策

アナザーレーンでは、クレジットカードユーザーの情報を保護することを目的に定められた情報セキュリティ基準である「PCI DSS」に準拠しています。また、個人情報の保護に関しては、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が管理する個人情報取扱いに関する認定制度として「プライバシーマーク」を取得しています。アナザーレーンは、加盟店様のセキュリティ対策だけではなく、エンドユーザーの大切な個人情報の保護に万全を尽くすため個人情報保護方針・情報セキュリティポリシーを定め、安心してご利用いただける決済サービスを提供しています。

よくあるご質問

  • 動画や音楽といったデジタルコンテンツを提供するサイトでも導入できますか?
    取り扱い商材によりますが、多数の導入実績がございますので一度ご相談ください。
  • サブスクリプション決済(継続課金)にも対応できますか?
    対応しています。会員制のオンラインスクールやデジタルコンテンツの配信サイトだけではなく、オンライン上で予約が可能な美容サロンでもご活用いただいています。
  • 審査とはどのようなものですか?
    Web上、もしくはアナザーレーンから送付された審査書類から審査が可能です。審査書類のご記入と必要書類をご提出いただきます。また、審査は無料で承りますので、「今後、導入するかもしれないので、審査だけでも受けておきたい」という方も、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ 資料請求