クレジットカード決済端末とは?種類や導入メリットを解説

クレジットカード決済端末とは?

クレジットカード決済端末とは、クレジットカードの有効性を確認するための端末であり、「CAT端末」とも呼ばれています。CATとは、Credit Authorization Terminal の頭文字をとった略称で信用照会端末という意味です。エンドユーザーが店舗などでCAT端末を介しクレジットカード決済を行うと、カード情報がクレジットカード情報処理センターを経由して各カード会社に送信されます。送信されたカード情報から、使用されたクレジットカードが有効なものかどうかを審査し、問題がなければそのまま決済処理が行われます。

クレジットカード決済端末の種類

据置型決済端末

据置型決済端末は、店頭のレジカウンターに設置されている決済端末です。主に飲食店やコンビニエンスストア、スーパーマーケットなどレジカウンターが固定された店舗に利用されています。据置型CAT端末では、LAN回線を経由してクレジットカードの有効性を確認するため持ち運ぶことはできませんが、その分紛失のリスクもありません。また、据置型CAT端末にも様々な種類があり、レシートプリンターが搭載された端末、POSレジと連動可能な端末、QRコードが読み取り可能な端末など多岐に渡ります。回線の工事費がかかる場合もあるため、複数店舗や大型店舗の事業者に利用される傾向があります。

ポータブル型決済端末

ポータブル型決済端末は、4GやWi-Fiなどコードレスな回線を利用して決済を行う端末です。充電式で利用時は電源ケーブルと接続する必要がないため、訪問販売や移動販売、イベント会場など主に屋外で利用されています。また、レストランやカフェといった飲食店のテーブル会計にも便利です。加えて、エステサロンや美容クリニックでは、エンドユーザーの前で決済処理を行えるため、高額なコースや回数券の支払い時での不安を軽減させることもできます。ポータブル型決済端末には、レシートプリンターの搭載されたものやQRコードや電子マネーを読み取れるものもあり、1台でキャッシュレス決済を完結させることもできます。

クレジットカード決済端末の選び方

クレジット決済端末を導入する際、「端末の種類やそれぞれのメリットな何なのか」「自店にはどのような端末が合っているのか」など疑問に思う点もあるかと思います。ここでは端末の種類や決済端末の選び方を紹介していきます。

端末の種類から選ぶ

クレジット決済端末には、「据置型」と「ポータブルタイプ」の2種類が存在します。それぞれメリット・デメリットがあるため、店舗にあったタイプを選ぶ必要があります。

  • 据置型

    据置型は、業種を問わず利用できるため幅広い店舗で導入がされている決済端末です。レジ横に設置しておくことで、お会計の度に起動する手間がなくスムーズに決済ができます。一方で、据置型は持ち運びができないため、テーブル会計や野外でのイベントなど持ち運びが必要な場面には不向きかもしれません。

  • ポータブル型

    ポータブル型はテーブル会計を行っているお店などで多く導入されている決済端末です。4G回線やWi-Fiなどのインターネット環境があれば利用可能で、SIM内蔵型の端末であればインターネット環境がなくても使用することができます。また、プリンター搭載の端末であれば、その場でレシートを発行することも可能です。エステなどの高額決済があるお店では、ユーザーの目の前で決済を行うことで安心感へと繋がります。

据置型の特徴 ポータブル型の特徴
・レジ横に設置して使用(LANかWi-Fiに接続)
・持ち運び不可
・安全性が高い(有線LANやWi-Fi使用のため)
・持ち運びが可能(イベントにも最適)
・バッテリー搭載型
・3Gまたは4G回線を利用

顧客のニーズで選ぶ

決済端末にはそれぞれ特徴があり、エンドユーザーのニーズに応えた端末を導入することも大切です。「より多くの決済ブランドを導入できるのか」「その場でレシートを出すことはできるのか」「テーブル会計はできるのか」など、エンドユーザーのニーズに応えつつ、自分の店舗に合う決済端末を導入しましょう。

操作性で選ぶ

決済端末の種類によって操作方法は異なります。特に多くのスタッフが端末を操作する機会がある店舗にとって、操作性は重要な選定ポイントです。操作が複雑な決済端末を使用することで操作ミスに繋がり、余計な作業が増えたり、レジオペレーションの効率も下がってしまいます。実際に使用した声などを参考に決めることがおすすめです。

アナザーレーンのクレジットカード決済端末

据置型CAT端末(E530)

アナザーレーンでは店頭のレジカウンターに設置して利用する据置型のCAT端末として「E530」を提供しています。E530はレシートプリンター搭載のCAT端末のため、省スペースで導入することができる決済端末です。

決済可能
ブランド
VISA、Mastercard、American Express、Diners Club International
サイズ
・重量
204mm×84mm×68mm・380g
接続方式 LAN接続
CPU 32 bits ARM9 secure processor
メモリ FLASH 128MB,RAM 32MB

ポータブル型CAT端末(E550)

ポータブル型CAT端末「E550」は、コードレスで持ち運びに便利な決済端末です。信用照会にはLAN回線を用いず、Wi-Fiや4G回線で行います。また、レシートプリンターが搭載されているため、屋外でのイベントやテーブル会計などおすすめです。

決済可能
ブランド
VISA、Mastercard、American Express、Diners Club International
サイズ
・重量
172mm×80mm×60mm・375g
接続方式 4G回線、Wi-Fi
CPU 32 bits ARM9 secure processor
メモリ FLASH 128MB,RAM 128MB

ポータブル型マルチ決済端末(A8)

アナザーレーンではポータブル型の決済端末として、ポータブル型マルチ決済端末「A8」も提供しています。AndroidOSが搭載された最新のモデルであり、タッチパネル式でスタイリッシュなデザインが特徴です。E530やE550と同様にレシートプリンターも搭載されているため、決済時にその場でレシートを渡すことができます。

決済可能
ブランド
VISA、Mastercard、American Express、Diners Club International
サイズ
・重量
183mm×84mm×64mm・455g
接続方式 4G回線、Wi-Fi
CPU ARM Cortex-A7 4コアCPU
メモリ 1GB RAM+8GB FLASH

クレジットカード決済端末を導入するメリット

屋外・屋内で決済ができる

アナザーレーンでは、屋外・屋内どちらでも事業形態に合わせたクレジットカード決済の導入が可能です。決済端末には、屋外で利用できるポータブル型と、おもに屋内で利用される据置型があります。ポータブル型決済端末であれば、屋外でのイベントやデリバリーと、屋内でのテーブル会計を組み合わせることができます。クレジットカードを利用するエンドユーザーにあった決済方法を選べるため、機会損失の低減に繋がります。

レジオペレーションの簡略化

決済端末を導入することで、現金支払いと比較しレジオペレーションを簡略化することができます。現金支払いでは、支払い金額の確認やお釣りの受け渡しなどに時間が掛かってしまいますが、クレジットカード決済ではスムーズに会計を行うことができます。また、アナザーレーンでは加盟店ごとに専用の管理画面を設定するため、リアルタイムで支払い金額を確認することができます。売上管理の簡略化もでき、おつりの受け渡しミスや紛失といったトラブルを防ぐことにもつながります。

信頼性の向上

飲食店やエステサロンといった店舗事業では、ホームページやポータルサイトで店舗紹介をすることもあります。その際に、ポータルサイトによっては支払い方法を記載することができます。クレジットカード決済の導入には店舗事業の審査があるため、その審査基準を満たしている店舗という面で信頼性の向上が期待できます。また、ポータルサイトにクレジットカード決済が可能という記載があることで、他社と比較された場合に差別化ポイントとなり、売上拡大も期待できます。

クレジットカード決済端末の導入方法

直接契約

カード会社と直接契約することで決済端末を導入することができます。直接契約をする際はVISAやMastercardなど、それぞれのカード会社に申し込みをして審査を通過しなければなりません。審査基準はカード会社によって異なるため、個人事業主や開業したばかりの小規模な法人の場合は、大手事業者よりも審査が厳しくなってしまう場合もあります。また、各社と契約ができたとしても、カード会社ごとに売上の支払いサイクルや契約内容が異なるため、売上管理の工数が増えてしまう、というデメリットがあります。

決済代行会社を利用する

決済端末の導入には、直接契約だけではなく、アナザーレーンのような決済代行会社を利用するという方法もあります。決済代行会社を利用することで、クレジットカード決済の導入にかかる契約を1社にまとめることができます。その結果、一度に複数の決済ブランドを導入することができ、審査にかかる時間を短縮することが可能です。加えて、入金サイクルや入金日もまとめることができるため、売上管理の効率化につながります。

お問い合わせ 資料請求