マッチアンドカンパニー株式会社様

海外でもビジネスチャンスを逃さない!
決済代行で外貨対応のすすめ

経済や情報通信などボーダレス化が進み、日本国内から海外へ事業展開や展示会への出展される企業が増えており、この傾向は今後ますます加速するものとみられます。一方、海外で事業展開するにあたり、現地通貨への対応に頭を悩ませる企業も少なくないようです。
そこで今回は、クレジットカードの決済代行による課題解決の例として、マッチアンドカンパニー様の事例をご紹介します。

クレジットカード決済代行を利用するきっかけは?

マッチアンドカンパニー様は、当社のクレジットカード決済代行を利用いただいて10年目を迎えるデザインメーカーです。一般的な写真集をはじめ、文学と写真の融合を試みた書籍を自社レーベルでリリースするなど取り組みに挑戦されています。その意欲的な活動は国内外で注目され、欧州をはじめアジア各国で大きな反響を呼んでいます。

活動の柱となるのは、「PARIS PHOTO(パリ・フォト)」をはじめ世界各国で開催されるイベントへの参加です。「海外でより成果を得るにはスピーディーな決済が欠かせない」とはマッチアンドカンパニーの町口景様の弁。クレジットカード決済代行を導入してから現在に至るまでを伺いました。

国際的イベントへの出展が
クレカ決済代行導入のきっかけ

クレジットカード決済代行の導入を考えたのは、2008年に「PARIS PHOTO」への出展を決めたことがきっかけです。

「PARIS PHOTO」は写真作品や写真集の販売を目的とする展示会で、世界でも有数のアートイベントです。この出展を決めた際、イベントの運営側では「現金のみでも問題はない」ということでした。しかし、手際よく販売することが求められる効率性と、「現金を持ち歩いて大丈夫?」という安全性の2面から、クレジットカード決済への対応に踏み切りました。

当時はまだクレジットカード代行会社の市場も小規模だったため、それほど迷わずにアナザーレーンさんに決まりました。しかし、今は多数の決済代行会社が台頭してきていますが、ミスが一切ない決済や対応通貨の豊富さ、担当者の丁寧な対応など、あのときアナザーレーンさんと出会えて良かったと痛感する場面が多々ありますね。
私の事業スタイルとマッチしているところも良かったですね。私は日常的に海外で取引しているわけではなく、年に数回、数日間のイベント参加時だけ外貨決済が必要といった具合で利用時期が非常に限定的です。他社では年間契約しなければならなかったりしますが、アナザーレーンさんにはスポット的に使用料を支払う料金プランがあり、大変気に入っています。

アナザーレーンの決済代行を利用しての感想は?

明細が手元に残る
「何にも代えがたい安心感」

アナザーレーンさんを利用して今年で10年目になりますが、利用し始めた当初はわざわざPCと印刷機を持ち運ぶ必要があったんです。数年後に据置型CAT端末が登場し、シンプルでスマートな決済ができるようになりました。そのとき使用感も格段に良くなったことを覚えています。常に利用客のニーズに応えてくれる点もうれしいですね。

取引を安全に進めるため、「必ず手元に明細を残す」ことにこだわっています。アナザーレーンさんの据置型CAT端末には、どんな決済シーンでもそのこだわりに応えてくれる安心感があります。

今日のイベント会場では、iPhoneやスマートフォンなどの携帯端末で決済手続きを行う方も多くなりました。このスタイルでネックになるのは、やはり明細を印字した控えが手元に残らない点。私はイベントの売上明細は必ずアナログで手元に残すようにしているため、その観点から考えてもベストな解法はアナザーレーンさんの据置型CAT端末なのです。

多くの外国通貨に対応しているからこその
決済スタイル

また、対応通貨の豊富さにはいつも助けられています。ドルに対応している決済代行サービスは他にもありますが、ユーロをはじめポンド、ウォンや元など幅広く展開しているのがアナザーレーンさんのすごいところ。近年アジア圏でも活発になった写真系のイベントにも、今までと同じ手段で出展することができるため、負担なく活動の幅を広げられます。

迷っている方に伝えたい、アナザーレーンのおすすめポイント

多くのクレジットカード決済の代行会社が台頭する今、私がアナザーレーンさんをおすすめするポイントは3つあります。

1明細が手元に残るという安心感

先ほどもお話した通り、明細(決済記録)が確実に手元に残る安心感は何ものにも代えられません。また細かいことですが、利用明細を通貨ごとに発行してくれるため、非常に明瞭で金額感も掴みやすく助かっています。

210年間取り漏らしゼロの信頼感

実は私自身とても心配性で、2008年の初出展から欠かさず実際の売上とクレジット明細を照らし合わせて抜け落ちがないか、その日のうちに確認しています。10年前から現在まで振り返って「すごいなあ」って思うのが、アナザーレーンさん側での取り漏れや抜け落ちが一度も発生していないところ。
私がずっとアナザーレーンさんを利用し続けている信頼感は、まさにそこにあります。私は決して決済や会計のプロではなく、一般的な利用者にすぎません。そんな中で確実に頼れるパートナーである、アナザーレーンさんの存在はとても大きいものです。

3柔軟かつ迅速な対応

現在メインで対応してくれている担当者がいますが、彼の人柄の良さや対応の丁寧さ、迅速さもポイントのひとつです。約10年前から担当者はずっと変わっていないのですが、さまざまなシーンで助けられながら二人三脚でここまでやってきました。
事前に「今度海外に行くから頼むよ」と時期を伝えれば合わせて運用を開始してくれ、期間が終了したらすぐ停止してくれます。この臨機応変さは有り難いですね。丁寧で柔軟に対応してくれる担当者がいるからこそ、決済でストレスを感じることなくイベントに出展できているのだと思います。
決済代行サービスの利用に関する疑問点や不便な点など、どんなに些細なことでもしっかりと伝わっている実感があるからこそ、安心してお願いできるのです。

今後の事業展開とアナザーレーンに期待すること

これからもアナザーレーンさんとは二人三脚で、互いに成長していきたいですね。アナザーレーンさんには決済のブレーンとして、引き続き期待しています。

現在、アジア圏でも写真集の市場は拡大しています。私も香港やソウルで開催されるイベントには「PARIS PHOTO」のときと同じく据置型CAT端末を持って行き、今までと同じ方法で決済を行っています。
ここで見逃せないのが、中国市場です。規模感が桁違いということが大きく、中国での流通については試行錯誤し、出版から決済・販売までまったく別の手法で行っています。

国ごとに異なる事情や体質を把握し、一番シンプルな販売方法、決算方法を選択する。その判断が求められる中で、私にとってのアナザーレーンさんでの決済は、非常に強力な選択肢のひとつになっています。

そんな中、今一番アナザーレーンさんに期待していることは、バッテリー内蔵型のCAT端末です。
「PARIS PHOTO」のように、電源が配備されてある会場のイベントであれば良いのですが、屋外や特殊な場所など電源を使えないイベント会場も多くあり、国によってはホテルの電源が使えないこともあります。そんなときにバッテリーに対応した端末があれば、片手に持ってどこへでも行けるようになります。担当者にもと要望を伝えています。今後が楽しみですね。

また、私が勧めて回っているからというのもありますが、同業の仲間にもアナザーレーンさんの利用者が増えてきました。サービスを利用すると同時に、私たち利用者の「現場の声」を吸い上げて担当者に伝えるのも、大きな意味があると考えています。
初めは印刷機とPCのセットだった機器が今では小型化し、対応通貨の種類も驚くほど広がりました。次々と進化を遂げるアナザーレーンさんのサービスに、現場の声や使用感を都度お伝えすることで、一利用者として貢献できればうれしいですね。

おわりに

当社の決済代行サービスを10年にわたり利用されているマッチアンドカンパニーの町口景様に、当社の特徴や担当者の対応について伺いました。
多くのエピソードを交えつつ、時に笑いありと和やかに語ってくださるご様子に、当社への信頼を感じました。

アナザーレーンでは、今後もさらに多くの利用者様のニーズに応えられるよう、一人ひとりの声に耳を傾け、現在よりもさらにシンプルかつ利便性高い決済代行サービスを提供できるよう、努めてまいります。

マッチアンドカンパニー株式会社 company profile

業種:物販(デザインメーカー)
URL:http://www.matchandcompany.com/
導入サービス:据置型CAT端末

写真集、書籍などを手がけ、「PARIS PHOTO(パリ・フォト)」など世界各地のイベントにも精力的に参加されています。

お問い合わせ 資料請求