• ALIについて
  • はじめての方へ
  • サービス一覧
  • シチュエーションから探す
  • 業種・業態から探す
  • お客様の導入事例

クレジット豆知識

チャージバック

チャージバックとは不正利用等でカードホルダー以外の利用が認められた場合行われる代金請求差し戻し処理のことを言います。

デビットカード

クレジットカードは〆、支払が発行会社毎に決まっており、カード会社が付与しているクレジットに基づいた後払いのシステムですが、利用毎にその金額が引き落としされるのがデビットカードです。何らかの理由でクレジットカードを作れないユーザーでもVisaネットワークのデビットカードは作ることが出来ます。

トランザクション

クレジットカード業界におけるトランザクションとはカード認証処理のことを指します。トランザクション料とはその認証処理にかかる料金のことで1決済毎の従量制となっております。

ダイナースクラブ

ニューヨークのビジネスマン、フランク・マクナマラ氏が、1950年にレストランのチャージカードとしてスタートさせたものです。 トラベル&エンターテイメントカード(T&Eカード)の草分け的存在であり、1980年にシティバンクの傘下に入りました。高品質なサービス内容を持ってるのが特徴的です。

タイプアプルーバル

国際ブランドである、ビザやマスターが型式認定と言い、データのやり取り、安全面に関して厳格な仕様が決まっている事柄に対して実現することができるかどうかを認定することです。

ダイレクトデビット

オンラインデビットと呼ばれることが多く、オンライン且つリアルタイムで利用したと同時に預金口座からカード利用代金が決済されるものです。

ダイレクトマーケティング

データベース化された顧客情報に基づき行うマーケティングのことです。
クレジットカードの発行は、ダイレクトマーケティングの基礎となる顧客情報収集の強い武器としての一面があります。

ダイレクトメール

郵便で消費者へ直接送る広告のことです。
アメリカでは1997年クレジットカード会社が30億通ものダイレクトメールを投下した例もあります。

ダウンロード

ホストコンピュータから、端末機へデータ送信をすることです。
インターネットで情報の検索をする場合、インターネットサーバーからデータをコンピュータへダウンロードします。

ダブルカード

正式名称はコ・ブランディドカードと言います。
クレジットカード会社と小売店との提携カードの1つであり、小売店のブランドで代行カードを発行し、カード表面または裏面にカード会社のマークを入れる事により、カード所有者が小売店だけでなく、ビザなどのカード会社加盟店でも使用可能となります。

単一目的カード

ガソリンスタンド専用カードの様に、使用目的が1つに限られたクレジットカードのことを指します。百貨店やスーパーなどが発行しているハウスカードがこれに該当します。

多額債務者

返済能力以上に、金銭を借りた債務者を指します。通常、ローンやクレジット債務などの残高がその人の返済能力を超えているため、やがては返済面で問題を抱える場合が多くあります。似た言葉でに多重債務者という言葉があります。

多重債務者

返済能力以上に、複数の業者より金銭を借りた債務者を指します。その結果、多額債務者となる人も少なくありません。

多通貨決済システム

アメリカ⇔日本等、異国間でのカード決済時に、ドル基準とした、多通貨換算表に基づいて換算レートを算出するシステムのことです。

多目的カード

国内や海外を問わず使用できるクレジットカードの総称です。
マスターカード、ビザ、ダイナースなどがあり、多くの日本のカード会社は、上記各社との提携をし国際カード化を成功させました。

代行カード

自社ブランドのクレジットカードのことです。
百貨店・ドラッグストア・スーパーなどが、信販会社や銀行系クレジットカード会社に代行させていいます。全てのカード業務は代行発行者の責任となります。

諾成契約

当事者の意思表示合意だけで効力がある契約のことです。
諾成契約は、売買契約や賃貸借契約など民法上において多様な場面を占める契約となっています。

諾成的金銭消費賃借契約

取引の際に、目的物の交付、または受領がない状態でも当事者の合意のみによって成立する消費賃借が認められる場合があります。あらかじめクレジットラインを供与するカードローン契約などがこの契約に該当します。

単位価格表示制

100グラムあたりにつき価格がいくらなのかを形で表示することです。
単価の価格で表示することにより、2つのもののうち安価なものはどちらなのかわかりやすくなります。このことに単位価格表示制の意義があります。

担保

融資を受けるときに、その債務の支払いが困難になった場合に備え、債権者があらかじめ弁済の確保のために、債務者に提供させる対象のことです。債務の支払いが困難になった場合、それに代えて担保による債務の弁済を行うことになります。

短期国際カード

海外旅行期間限定等、短い期間のみに発行されていた海外旅行専用の国際クレジットカードのことです。現在では、大半の銀行系クレジットカードは国内外共用になっています。

チェックカード

チェック=小切手にかわるカードという意味で名付けられました。Visaのオフラインデビットカードは、Visaチェックカードと呼びます。

チェックギャランティサービス

①Visaの小切手換金保証サービスのことです。
Visaのイシュアーが提供しているサービスであり、ゴールド会員とプレミアム会員が対象です。Visa会員が、Visaメンバーが発行をする「クオリファッドチェック」というものを、ホテルや航空会社などのクオリファッド・チェック・ギャランティ加盟店窓口へ提出すると現金へかえることが可能です。

②銀行が発行する、小切手による小口の支払いを保証する為のカードのことです。チェックギャランティカードは略名チェックカードとも呼ばれます。

チェックディジット

カードが有効なの確認する為に使用される番号の桁のことです。
データ本体の値を基として一定の規則に従い算出され、多くの場合は、データの末尾部分に1桁の数値として付加されます。

チップゾーン

チップカードを使用することができるエリアのことです。
スマートカードを普及させるには、スマートカード受付が可能な加盟店を集中獲得することが重要となります。その為有効手段として、交通拠点を中心としたチップゾーンと呼ばれる特定エリアを絞り込んで加盟店開拓を行います。

チャージカード

アメリカンエキスプレスやダイナースクラブなど翌月又は翌々月に全て一括払い形式のクレジットカードのことです。アメリカでは【クレジットカード】というと、厳密な意味合いでリボルビングカードのような、分割払いができる形式をとるカードを意味します。

チャージバックリーズンコード

2桁の番号より表示される、チャージバックの理由内容番号のことです。
カードブランドによってコードが異なります。

チャージバックリバーサル

イシュアー(カード発行会社)から、アクワイアラー(加盟店契約会社)に間違えて送られたチャージバックの取消を行うことです。

チャージバック期間

カード発行会社がチャージバック(不正利用等により代金請求差し戻し処理)権利を行使可能な期間のことであり、その期間はチャージバックの理由ごとに定められています。

チャージバック認識番号

カード会社がチャージバック(不正利用等により代金請求差し戻し処理)を行使する際に使用する、該当伝票識別用の番号のことです。

遅延

決まった返済日に返済されておらず、返済が遅れてしまっている状態のことです。

遅延損害金

支払期限に遅延したときに、課される金利のことです。
上限金利は、利息制限法の法定金利、年15%~20%の2倍以内、販売金融における遅延損害金の上限は割賦販売法で年6%以内と定められています。遅延損害金は契約時に約束がなければ勝手に徴収することはできません。

ツインカード

昭和50年代に、日本信販が資生堂と提携しカード発行を行い、その際に開発したカード形式のことです。具体的な形式としては、資生堂の花椿カードの会員に対して日本信販のカードも同時に発行するという方法です。

ツーC

消費者信用与信基準の二大必須事項のことです。
能力(Capacity)と性格(Character)それぞれの頭文字からとり、2Csと言います。Capacityは、返済能力の意味で、Characterは、返済意思の意味です。

通貨価値

為替レートのことを言います。通貨価値は一般的に、自国の経済力と連動しています。通貨価値を変動させると経済システムに歪みが生じることになります。

つなぎ資金

資金の調達が確定しているが、その資金が必要な時期に間に合わないときに、一時的に借り入れる資金のことです。

つなぎ融資

主に不動産を購入する際に利用する融資のことです。不動産購入時、金融機関より住宅ローンが融資されるまでの一時的な期間に借り入れを行い、買い手売りてに支払いのズレが起きないようにするものです。

月掛金

前払い式割賦販売や前払い式特定取引で商品を受け取る前に、毎月支払う掛け金のことです。毎月の積立金や保険の毎月の支払い額の事も同じく月掛金と呼ぶこともあります。

月掛販売

毎月一定の金額を支払い、所定の金額に達した際に目的の商品を受取る販売方法のことです。前払式特定取引として規定されており、これを業とするには通産大臣の許可が必要となります。

通貨変動

国際ブランドである、マスターカードやビザより提供されているサービスのことです。
取引通貨を請求通貨に変更することで、例としては日本人カード会員が海外(例としてアメリカ)でカードを使用すると、ドルでの取引となります。請求の際に使用したドルの金額を円建てに換算します。このサービスを【カレンシーコンバージョン】と言います。

通信販売

無店舗販売型のことです。
テレビの商品案内広告や新聞、カタログへ商品情報を載せ、それをみた消費者より電話や郵送で申し込みがあると商品が届けられる販売方法です。代金決済方法として、商品到着時に支払う代金引換、商品到着後に支払う後払方法もあり、クレジットカードもよく利用されています。

テイクワンシステム

マーケティング手法の1つであり、クレジットカードなどの申込書を加盟店の店頭や空港・ホテルなど人が多く集まる場所に設置しておくことです。

ディスクロージャー

情報の開示のことであり、金融機関は利用者に対し不良債権額や利益等企業情報開示を行う社会的責任があります。企業の健全性保持の為に、ディスクロージャーは有効な手段と考えられています。

ディスポーザブルカード

使い捨てであり、1度しか使用できないスマートカードのことです。
電子キャッシュへ予めスマートカードに充填したもので、使用が終わった後の再充填はできません。

ディレイドデビット

オフラインデビット、デイファードデビットとも呼ばれ、使用時から口座引落しまでに2~3日時間かかるシステムを持つデビットカードのことです。

データギャザリング

内容は2つあり、1つは、カード取引情報をカード会社のコンピュータへ取り込むことを言います。もう1つは、CAT端末やPOSを通じ売上データを集めることです。

データキャプチャ

ある装置で出力されたデータを、別の装置やソフトで取り込むことです。コンピュータに搭載するハードウェアはキャプチャデバイス、ソフトウェアはキャプチャソフトと呼ばれています。

データベース

アプリケーションソフトなどの複数データを、共有可能なデータの集合体にしたものです。データベースとはデータを蓄積する基地(base)という意味合を持っています。

データベースエンジン

データベース管理のアプリケーションシステム内でファイルへアクセスしてデータ検索をしたり更新するものです。データベースエンジンを操作する際、データベース管理システム固有のユーザインタフェースを用いる方法と、ポート番号を通じて行う方法があります。

デジタルサイン

デジタルデータに、電子的に署名をするもののことです。
デジタルサインによって、メッセージの改竄の発見や本人確認・否認防止等可能となりました。

デリバリーチャンネル

情報流通のチャンネルを指し、DM(ダイレクトメール)・コールセンター・ATM・店舗は、カード会社にとってとても重要なデリバリーチャンネルであると言えます。

テレカード

電話カードが自社独自にもしくは、クレジットカード会社などと提携して発行している長距離電話の専用カードのことです。1992年秋に、米国大手電話会社のMCIとアメリカン・エキスプレスが提携して「コーポレート・テレカード」(長距離電話専用の法人カード)を発行しました。

テレフォンカード

テレカと呼ばれ、代金前払いの公衆電話用磁気カードで、NTTが開発・発売しています。最近は、携帯電話の普及により需要が大幅減少しています。

テレフォンキャッシング

電話で申し込みをして借入をするキャッシングサービスのことです。顧客はカード会社へ電話をしてキャッシング希望額を伝え、決済口座振込依頼をします。通常のCD機のキャッシングとは違い、口座へ振り込まれるまでに一定日数がかかることが多くあります。

テレフォンショッピング

顧客からの購入申込を電話受付する無店舗販売の方法です。主にテレビやラジオなどの放送媒体が使用されるため、放送媒体に応じて「テレビショッピング」「ラジオショッピング」と呼称される場合も多くあります。

手数料収入

カードビジネスでの手数料収入としては、『年会費、加盟店手数料、保険』などの仲介による収入のことを指します。フローのビジネスと呼ばれ、所持カード枚数や取引等を増やすことにより収入拡大が可能です。

低金利ローン

貸出金利が低いローンのことです。
一般的には消費者金融で低金利ローンというのは実質年利9%~13%前後のものが多く、審査も厳しい傾向にあります。

定額リボルビングシステム

毎月の最低限支払い額(ミニマムペイメント)が一定の金額であるリボルビングシステムです。「元利定額」と「元金定額」の2種類があります。

【元利定額リボルビングシステム】
ミニマムペイメントを1万円とした場合その1万円より、1ヶ月分の残高対応の利息を差し引き利息を差し引きした残りを元金返済に充当する方法です
【元金定額リボルビングシステム】
元金分の1万円に一ヶ月分の利息を加えた金額をミニマムペイメントとする方法です

定率リボルビングシステム

最低支払義務額(ミニマムペイメント)を、残高に対しての一定割合と併せ1ヶ月分の利息とするリボルビングシステムの1つです。

定量分析

与信判断時に「返済能力」を判断することをいいます。
返済能力の具体的な判断基準としては、これから予定しているクレジットの毎月返済予定額が、純可処分所得範囲内であるかどうかを確認することです。

提携カード

企業やその他団体などがクレジット会社や信販会社等と提携をし、自社ブランドクレジットカードとして発行しているカードのことです。 提携元となる企業が提供する機能や特典を受けられるため、ユーザーにとって「持つメリット」が分かりやすい、という特徴があります。

電子マネー

通貨の持つ金額・発行日・発行銀行・有効期限等の情報をデジタル化したものであり、エレクトロニックマネーのことを指します。デジタルなので、ネットワークで送る事が可能であり大きな特徴です。

電子決済

通信(インターネットなど)ネットワークを使用し、クレジットカードやデビットカードなどの電子マネーを使用して支払いをすることです。決済方式は複数ありますが、サービスや商品購入と決済の時間的関係からの分類では、プリペイド方式、ジャストペイ方式、ポストペイ方式に分けられます。

電子財布

電子財布として、ICチップ搭載のスマートカードがあります。ICチップ部分に電子マネーが蓄積して、利用ごとに金額が差し引かれる仕組みを持っています。電子マネーが無くなった際には、再充填して使用することができます。インターネット上で電子財布ソフトを提供している企業よりダウンロード・使用します。電子財布は、本人確認をしたりデータを暗号化するソフトがついています。

電子商取引

インターネットコマースもしくはウェブコマースという言葉も使われています。インターネットの商取引に関しては、エレクトロニックコマースの一部であります。

電子証明書

別名をデジタル証明書と言います。
デジタルIDカード・デジタル署名相当の公開鍵とその鍵の持ち主データを明記したデジタルデータのことを指します。

電話確認

電話を通じ契約書の記載事項等を確認することです。本人の申し込みで間違いないか、記載事項に虚偽がないか等の確認を行います。

登記

法に定められてた所定の事柄を帳簿などに登録することをいいます。一般には権利関係などを公示するため法務局の登記所が持つ登記簿に記載することを言います。

登録同意

ある目的の為に個人データを収集する為には、収集される側の本人も同意を得なければならないというプライバシー保護の基本原則の1つです。個人信用情報センターにクレジット申込者、もしくはクレジット利用者の個人情報を登録するためには、この登録同意の取り付けが必須条件となります。

盗難カード

他人に盗まれたクレジットカードのことを言います。
盗難カードの不正使用被害が起きた場合、日本では大半のカード発行会社がカード盗難保険により被害をカバーしています。

特典

特別に提供するサービス・特典のことです。カード入会や、カード利用を促進する為のものを言います。

特別会員

特別な特典があったり、特別な資格を持つ会員を指します。
クレジットカード会社より「特別会員」と呼ばれるのは、一般的にプレミアムカード会員のことをいう場合が多くあります。

督促

債権者が債務者に対し返済期日が過ぎた債権の返済を要求することを言います督促は要式行為であり、督促状、または納付催告書)という書面で行う必要があります。

督促状

返済期日が過ぎている債権返済を促すための催促状のことです。
日本の貸金業規制法では、督促状は「封書」である事が条件であり、更に宛名人が差出人から借金をしている事実が第三者に分るような封書の表書きも禁止されています。

独立設置ATM

店外型ATMのことを言います。
設置方法により、店内ATM・外壁ATMなどさまざまな種類があります。

クレジットカードリーダー・CAT端末・web等を利用したクレジットカード決済代行サービス導入ならアナザーレーン株式会社にお任せ下さい。
様々な方法でお客様の決済業務を効率化させ、売上アップのお手伝いをさせて頂きます。サービスの導入をご検討の際はお気軽にお問い合わせ下さい。

▲ページトップ