間接金融

読み:かんせつきんゆ

貸し手と借り手との間に金融機関が関係して行われる金融のことです。身近では「預貯金」のことを言います。金融機関は個人などから資金を集め、企業等に貸し付けを行い、そこで得た利益の一部を預金者に利息として支払っているので、これを間接金融と言います。

関連用語

用語集TOPへ
お問い合わせ 資料請求